予約システム導入相談は7月31日まで受付中!!

仲間とワイワイ仕事するなら、タスク管理ツールが便利

「言った言わないが無くなる〜バックログ〜♪」

最近、backlogがCMを開始したので、過去のbacklogの記事をバージョンアップしてみました。

*****

チームで仕事をするときに
タスクや課題がたくさん出てくると
誰が?いつまでに?どうやって?対応するのか
管理が大変になってきますよね。

ExcelやGoogleスプレッドシートで
一覧を作っても良いですが
クラウド上で管理できるbacklog がおすすめです!
(もちろん一人で仕事をしている場合にも使えます)

Backlog.com (JA)
タスク管理、ファイル共有もできるプロジェクト管理ツールBacklog Backlog はチームではたらくすべての人が使えるプロジェクト管理ツールです。ガントチャート、Wiki、バージョン管理システムを使ってプロジェクト計画・タスク管理・作業記...
目次

こんな感じです

私の画面だとこんな感じ

Backlog課題画面

タスクなのか課題なのかなどの種別、
件名、担当者、状態、期限などが一覧で表示されます。

前職ではアプリ開発をしていて、私は開発リーダーだったので
担当のエンジニア(ベトナム在住!)と課題共有のために使っていました。

backlogの良かったところ

残課題・残タスクの全体量を把握できる

誰が担当で期限がいつまでなのか
タスクや課題がタイトル一覧で見れるので
全体を俯瞰して見ることができるのが
「今」を把握するのにとても便利です。

一つの課題についての議論がまとまっている

この課題を開いてみると、課題の詳細内容はもちろん、
課題の担当者が書いたコメントなどが、時系列に表示されます。

「あの課題、どうやって解決したんだっけ?」と見直したい時にも
すぐに確認できます。

backlogのイマイチだったところ

中を開かないと詳細がわからない

課題が一覧で表示されるので、「この課題なんだっけ」と思った時に
課題をクリックして中を開かないと詳細がわからないことです。

一覧で俯瞰できることがメリットなので、表裏一体なんですけどね。

私の同僚は「そこがめんどくさい」って言ってました(;^_^A

まとめ

新しいツールを導入するのは億劫になるけど
一度入れて慣れてしまえば
やり残しを防いで結果的に仕事がサクサク進むので、
売上を上げつつワークライフバランスも大事にしたい方に嬉しい!

あ、私はbacklog使ってて便利だな〜と思ってますが、
無料版でしか使ったことがなく、回し者ではありません笑

backlogは使いやすいのですが、有料版は高い!!

プロジェクトを回すならガントチャートが欲しいのですが、
それは有料版(月11,800円〜)になるので高いんです。

課題やタスクの管理なら無料版で十分なので、
仲間、しかもリモートで仕事するメンバーとも
コミュニケーションツールとして便利です。

*****

今回は、私の使ったことのある
Backlogを紹介しましたが、
Wrike や Jooto など
クラウド上でタスク管理できるツールは
他にもたくさんあります。

もしチームでのタスク管理に困ったら
機能は制限されますが無料でも使えるので
検討してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる