業務改善した先に手にするものは?会社の売上アップにつながるのか?

業務改善とか業務の効率化って良いことだとは思うけど、今そんな暇はないわ~
売上につながらないしね~

というお声を聞きまして、私、衝撃を受けました(笑)

業務を効率化すると、売上アップにつながります!!

目次

私が業務改善を始めた理由

私が業務改善を始めたのは、エンジニアだった会社員時代が忙しすぎたからです。

残業当たり前、休日出勤も出張もしょっちゅう、、、

友人との約束をドタキャンすることも多くありました。

「つらかった~(T_T)」のように書いてしまったけど、会社員時代の仕事もやりがいがあって大好きでした。人間関係にも恵まれて、いろんな方に教えてもらい、支えてもらい、感謝の気持ちしかありません!!

仕事量が多いので、とにかくなんとか効率よくやろうと思い始めたのが、私の業務改善のきっかけです。

  • テンプレートを作る
  • Excelでツールを作る
  • よく使う画像は固定のフォルダに溜めておく
  • メールだけでなく口頭でも伝えるように心がける

など。

「効率化をしよう!」と意識してやっていたわけではないですが、「こうしたら次ラクなんじゃない?」という気持ちで工夫を積み重ねていきました

業務の効率化を始めた結果・・・

すぐに残業無くなった!なんてことはないけど、同じ仕事をしたとしても、前回よりは効率よくできるようになって、一つひとつの仕事が終わるのが早くなりました。

そうすると、ちょっとめんどくさいなって思ってた仕事も、だんだん前向きに取り組めるようになるんです!

それが楽しくて業務改善を続けていると、

  • 作業効率が良くなるので、納期に間に合うようになる
  • 時間に余裕があるので、割り込み作業が入っても対応できる
  • ミスが減るのでトラブルが起きにくくなり、利益をキープできる

となり、上司・お客様からの信頼をいただくことができ、私の収入も増えていきました

業務改善は会社全体で取り組むもの

これは会社員の給与の話だけでなく、会社の利益も同じです。

社員の一人ひとりが「効率よく仕事しよう!」と心がけるのも大事ですが、会社としてもっと効率よく仕事するためにどうしたらいいかに取り組むと、

  • 作業効率が上がることで残業が減り、ワークライフバランスが保てる
  • 社員のモチベーションが上がる
  • ミスが減ることで、トラブルが減る
  • 効率化により生まれた時間を、事業拡大の時間に使える

その結果、会社として売上アップ、利益アップにつながります

お仕事片付けコンサルティングでは、どこをどんな風に効率化できるのか、一緒に探して対策を行うことができます。

「忙しすぎてなんとかしたい」という方も、「事業拡大のために仕組みを整えておきたい」という方もご相談ください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる