いつの間にか終わってる?!スパイラルな仕事方法

手帳術とかめちゃ好きで、講座も受講したことあるし、日経WOMANとかの手帳特集も昔は欠かさず読んでたんですが、、、

手帳で、この日のこの時間は○○の仕事をする!ってスケジューリングしても、いざその時間になると

今、その気分じゃない・・・

てことはありませんか?

私、まさにそうなんです。

そういう個性だと認識しております(〃▽〃)

私は、1日中ずーっと同じ仕事をしていることは少なくて、複数の仕事を少しずつ、あれをやったりこれをやったり・・・

あれもこれも気になるタイプ

実は、私は集中力があまり無いかもしれませんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

だけど、納期に遅れることはありません。

なんでだろう?って考えると

私なりの効率の良い仕事方法をしていて

「いつの間にか終わっている」

という状態を作り出していたんです。

それは、

スパイラル仕事法

はい、今名付けました笑

昔々、どこかの本でも、同じような方法を「スパイラル」って書かれていたのを見た気がするので、パクリかもしれません。

前提)タスクA、B、Cが存在している。期限もある。ということを洗い出しておく。

Aという仕事をする時間を15分〜30分で切り上げて、Bという仕事をします。
Bの時間も15分〜30分くらいで切り上げて、Cという仕事をします。
Cの時間も15分〜30分くらいで切り上げて・・・
そして、まだAの仕事をする。

複数の仕事を抱えていることが多いので

A→B→C→A→B→・・・

という繰り返し。

そうすると、

1回目のAでは気づかなかった箇所を2回目のAではブラッシュアップできたり、

1回目のBでは進まなかった箇所を2回目のBでは解決できたり、、、

集中する時間を区切ってリフレッシュしながら仕事をすると、いつの間にか仕事が終わってる!!

螺旋階段のように、くるくる繰り返すことでブラッシュアップされていくので、スパイラル仕事法です。

はい、名前はどこかのパクリです笑

スパイラル仕事法が向いている方は?

手帳の講座でよく聞く「『この時間にこの仕事をする』と予定に入れてしまいましょう」っていうのは苦手。

仕事内容の洗い出しもするし、仕事時間の見積もりはしますが、

タスク一つ一つを日時までスケジューリングすると、苦しくなっちゃう。

そんな方は、このスパイラル仕事法を試してみてくださいね!


人によって効率の良い仕事方法は異なります。自分にとって向いている仕事の方法、ぜひ相談にきてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる